TypeScript Playground のコード共有の仕組み

2021年 10月 01日

TypeScript Playground はURLを共有するだけでコードの共有が簡単にできるようになっています。
外部にコードが保存されるという訳でもないので、どういう仕組みで共有が実現されているか気になったので、調べてみました。

仕組み

仕組みとしては以下の流れでURLを通してコード共有がされていました。

  1. エディターに記述してあるコードを文字列圧縮ライブラリで圧縮
  2. URLに圧縮した文字列を挿入
  3. URLを開くときに圧縮された文字列を展開してエディターにコードとして表示する

コードの文字列圧縮

コードの圧縮処理はここのコード で処理がされており、lz-string という文字列圧縮ライブラリが使われていました。

  const hash = `code/${sandbox.lzstring.compressToEncodedURIComponent(sandbox.getText())}`
プロフィール
筆者のアバター画像
t-yng
フロントエンドエンジニア
タグ